補聴器の販売店にお願いすること

img-1

補聴器は生活を快適にする道具なので、購入した販売店にアフターケアをお願いして効果的な使い方ができるようにする必要があります。

一番大切なことは、音を大きくした時に割れて聞こえることがないかどうかであり、歪を何とかしてもらいます。



今はいろんな補聴器の特性があるので、調整できるところは最大限調整してもらって、あとは聞く練習を家で社会でやっていくようにします。



それでも聞くことには限界があるので、無理をしないようにある程度まで聞こえるように販売店にいろいろとアドバイスをしてもらいます。



次に大切なことは、販売店での定期的な検査の時で、単語の聞き取りのテストだけでなくて、1文ごとの聞き取りもテストしてもらえるようにお願いすることです。それは単語だけわかっても日常会話でよく使うのは文章としてのつながりなので、何がどうしたという一文全体がわかるようになることが大切だからです。


販売店は売るだけのお店ではなくて、アフターケアも含めて補聴器を生活に役立てることが大切です。



その人の生活に役立ち、人間関係を円満にするための補助をしてくれる器械が使えることが最大の目的なので、費用対効果があるようにしっかりとしたフォローをしていかなくてはなりません。



今後は、補聴器を通してお互いの意思疎通をスムーズにし、仕事や勉強などを短時間でやりこなせるように能率を上げていくことができる素晴らしい製品づくりに期待したいところです。



関連リンク

img-2
補聴器の販売店とのつきあい方

補聴器の販売店とは長い間のお付き合いが大切です。それは、購入後のアフターケア、生活で困った時の会話の注意点、補聴器に関するあらゆる情報取得などで、お付き合いが大切です。...

more
img-2
補聴器の販売店を利用する際に重視する点について

補聴器は聴力矯正用の器具の一種で、個人の耳の状態に応じて医師の診断の下でオーダーメイドで作成するのが一般的です。また、補聴器は集音やノイズの除去などを機械的な仕組みで制御する電子機器なので販売価格が高額になる傾向があります。...

more
top